« 2005年02月 | メイン | 2005年04月 »

2005年03月31日

ブライダルの司会(石川 元)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

新郎がロシア人、新婦が日本人の結婚ご披露宴の司会を担当させて頂きました。
日本語を片言しか話すことも聞くことも出来ないご新郎様。
打ち合わせには、新婦のご両親も参加されたが、やはり国際結婚の壁は厚い。
1つの事を決めるのも通訳の新婦を通して新郎の意見を聞いてみるが、
新婦のご両親の考えとことごとく対立してしまう。
司会者である私は、何とか中立の立場を保ち
長時間に渡る打ち合わせを無事まとめ、本番を迎えるまでに辿り着いたが・・・。
皆さんに楽しんで頂ける披露宴になるだろうか?
内心ちょっと不安だった。

続きを読む "ブライダルの司会(石川 元)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 17:57 | トラックバック(0)

2005年03月30日

えっ、95度(関谷 京子)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

とある大変アットホームなホテルでそれは起こった。
演奏の合間の休憩時間に裏で休んでいたら、ホテルのマネージャーが
『こーやまちゃん、(私の旧姓)これ、ちょっと味見してみて』という。
見ればクリスタルグラスとはいえ、おちょこ程の微量だ。
「クイッ!」っと私。
マネージャーと他のホテルマン達は『・・・・』
冷たく冷えた洋酒のようだが別に何でもない味だ。

続きを読む "えっ、95度(関谷 京子)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 11:36 | トラックバック(0)

2005年03月29日

今日も一日、スタジオで日が暮れる。(井手一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

朝からスタジオに入り、発声練習やら弔電やらナレーションやら、
ぶっ通しの収録で本当に疲れました。
腰痛はまだ完治せず、だましだましの一日でしたが、
やはり好きな事をやっている時は気持ちが充実しています。
それにしても、表現の世界は本当におもしろい。
(真っ白い犬です・・・尾も白い・・・ごめん疲れてるから許して)


続きを読む "今日も一日、スタジオで日が暮れる。(井手一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 11:38 | トラックバック(1)

2005年03月28日

葬送BGMレコーディング後記(加藤直美)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

今春に綜合ユニコムさんから「葬送BGM第2弾」として
発売させていただくCDのレコーディングがあった。
第1弾の発売から早や2年、第1弾の時と同じように、
葬儀の現場で感じる私なりの想いを、
コツコツとメロディに変える作業を続けてきた。
そのイメージを3月に入ってから一気に五線紙に書き上げた。
久し振りに録音という緊張した空間に身が引き締まった。
社長の井手が見守る中で、レコーディングは始まった。



続きを読む "葬送BGMレコーディング後記(加藤直美)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:10 | トラックバック(0)

2005年03月27日

FUNET 新システムに向けて (工場長)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

4月初旬対応予定のFUNETの『MCライブラリ』音声教材に向け、
音声の収録の準備をしております。
「 」(音声収録部)を使って文章を書いていると、
何やら台本を書いているみたいですね。
(全く情緒が無い台本ですが…)

収録は近日行う予定ですが、
私は収録室に初めて入るので、少し楽しみです。
そこから先のシステムのことを考えていると、
それほど余裕も無いですが。
収録を終えたら、時間とのカーチェイスです。
がんばりましょう。

続きを読む "FUNET 新システムに向けて (工場長)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:12 | トラックバック(0)

FUNET 新システムに向けて (工場長)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

4月初旬対応予定のFUNETの『MCライブラリ』音声教材に向け、
音声の収録の準備をしております。
「 」(音声収録部)を使って文章を書いていると、
何やら台本を書いているみたいですね。
(全く情緒が無い台本ですが…)

収録は近日行う予定ですが、
私は収録室に初めて入るので、少し楽しみです。
そこから先のシステムのことを考えていると、
それほど余裕も無いですが。
収録を終えたら、時間とのカーチェイスです。
がんばりましょう。

続きを読む "FUNET 新システムに向けて (工場長)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:12 | トラックバック(0)

2005年03月26日

入院日記から ~電子カルテ導入~(加藤直美)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

退院後、最後の診察に行った。
検査は無事にクリアし、晴れて病気から解放された。
3月に入りほぼ以前通りの生活に戻った。
後は少しずつ体力を戻して行くだけだ。
その病院では、私が入院していた1月頃から
「電子カルテ」の導入に向けての準備が始まっていた。
そして2月末からいよいよ「電子カルテ」は導入された。
「電子カルテ!」ナンて格好いい響きだろう!
きっと、手書きの数十倍?
いや数百倍以上の情報が記録されるのだろう。
カルテを手書きで書いていた時代が終って行く・・・。
すごい時代に私は遭遇している。

続きを読む "入院日記から ~電子カルテ導入~(加藤直美)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:14 | トラックバック(0)

2005年03月25日

ホテル葬・・・メモリアル・リポート(石川 元)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

先日、母の喜寿のお祝いをしたホテルにて
大型葬儀の司会を担当させていただきました。
(仕事のルートが少しだけ訳ありでしたけど・・・)



続きを読む "ホテル葬・・・メモリアル・リポート(石川 元)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:14 | トラックバック(32)

2005年03月24日

ムフフッ!(関谷 京子)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

先日、私が葬送BGMの最後の曲のチェックをしている時
宅配便が届いた。
お代金とハンコを準備して、そのお兄さんに渡そうとした時、
『今流れている曲は、なんて言う曲ですか?
とても落ち着くというか、いやぁ、いいなあ・・・』
と引き渡しの手続きをしながら、
『誰のCDか教えてくれませんか?』
としみじみとした声でたずねられた。
私はどう答えていいかわからず、半分照れながら
『いえ、あの、これは私のオリジナルで・・ちょっと、
まだチェックしている段階で・・・』
『仕事で作ってらっしゃるんですか?いやぁ、ほんとに落ち着くいい曲だ
もっと聴いていたいぐらいですよ。いやぁいいなぁ』
と連発しながら、
『じゃあどうも有り難うございましたー』
と、爽やかに挨拶をして立ち去った。

続きを読む "ムフフッ!(関谷 京子)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:16 | トラックバック(0)

2005年03月23日

八百万の神の地「出雲」にて執り行われた社葬(橘 貴美子)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

社葬の司会をということで、島根県出雲に飛びました。
何事につけても東京が一番レベルが高いと考えがちですが、とんでもない。
常に新しい物を取り入れ、良いものを提供していこうという思いがあれば、
地方も東京も変わらないということを今回の社葬で実感しました。

続きを読む "八百万の神の地「出雲」にて執り行われた社葬(橘 貴美子)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:16 | トラックバック(0)

2005年03月22日

葬儀社様の結婚式の司会(石川 元)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

お世話になっている都内の葬儀社さんの社長様が結婚なさるとの由・・・。
いつもは葬儀司会でお世話になっていますが、
今回は、結婚ご披露宴の司会の依頼。
『ご結婚、おめでとうございます!』
MCプロデュース一同、心から祝福しています。
まずは、ご挨拶を兼ねてT葬儀社様に伺って、
こんな挨拶をしてみたが、何だかピンとこない。
葬儀の現場では、お互いにあまり笑顔を見せ合う事がないので、
どこか調子が狂ってしまうのだ。
(職業病だ、素直に笑えない)

続きを読む "葬儀社様の結婚式の司会(石川 元)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:17 | トラックバック(0)

2005年03月21日

私の母(藤田 順子)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

私の母は、石川さんのお母様と同じ昭和4年生まれです。
今年喜寿を迎えます。
現在、足立区に一人で住んでおり、趣味はゲートボール。
「あしたも会」というゲートボールのチームを作っていて、
地元ではなかなか強いチームらしいです。
実家には、ゲートボール大会で獲得した
トロフィやメダルがところ狭しと並んでいます。

続きを読む "私の母(藤田 順子)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:18 | トラックバック(878)

2005年03月20日

鉄は、熱い内に打て!・・・島根接客研修会(加藤直美)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

宍道湖の夕焼けを眺めながら出雲空港に降り立った。
島根県には随分前だが2回ほどコンサートの仕事で来ている。
しかしナンとその2回とも悪天候で隣の米子空港に降り立っているのだ。
去年の出張は台風などで飛行機や新幹線の移動でエライ目にあった。
今回も島根県では大雪が降った翌日ということで嫌な予感がしていたが、
無事に降ることが出来てほっと胸をなでおろした。

続きを読む "鉄は、熱い内に打て!・・・島根接客研修会(加藤直美)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:19 | トラックバック(0)

2005年03月19日

葬儀の司会・ナレーションの講座にての雑感(橘 貴美子)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

お葬式においては、
通夜・葬儀当日のセレモニーの進行が如何にうまくいくかで、
遺族、親族に与える印象が大きく違ってくるといっても過言ではないでしょう。
15日・16日の両日、その司会術・ナレーション活用講座の
アシスタントとして参加し、改めて音声表現の大切さを感じました。

続きを読む "葬儀の司会・ナレーションの講座にての雑感(橘 貴美子)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:20 | トラックバック(0)

2005年03月18日

【終了】2005年4月5月 葬祭セレモニー司会術

カテゴリー : 最新情報! 最新情報!

○葬祭セレモニー司会術[ ベーシック講座 ] 詳細情報

開催日時 :2005年4月26日(火) 10:00~17:00
会場   :飯田橋レインボービル 会議室
      東京都新宿区市谷船河原町11
      Tel.03-3260-4791
定員   :30名(先着順)
参加費  :39,900円(1名様につき)
      (消費税および地方消費税 1,900円含む)
 ※昼食代、テキスト代、アドバイスシート送付代含む

○葬祭セレモニー司会術[キャリアアップ講座] 詳細情報

開催日時 :2005年5月18日(水) 10:00~17:00
会場   :飯田橋レインボービル 会議室
      東京都新宿区市谷船河原町11
      Tel.03-3260-4791
定員   :24名(先着順)
参加費  :39,900円(1名様につき)
      (消費税および地方消費税 1,900円含む)
 ※昼食代、テキスト代、アドバイスシート送付代含む

●お問い合わせ・お申し込み先●
綜合ユニコム株式会社 企画事業部
〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-15 共同ビル


投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 11:48 | トラックバック(0)

物事は最初が肝心~2日間の司会研修会を終えて(井手一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

疲れました。
喉が痛くなりました。
ついでに腰も痛いです。
そんなわけで今日病院へいきました。
マイクロ波と電気と湿布と痛み止めで取り敢えず押さえています。
病院で指摘されたのですが、昨年の暮れにも同様の箇所を痛めていました。
腰痛は持病になりそうです。
(もう年だわ~・・・本当はパソコンのやり過ぎ)

  

続きを読む "物事は最初が肝心~2日間の司会研修会を終えて(井手一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:21 | トラックバック(0)

2005年03月17日

セミナーにて (工場長)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

15日・16日と、司会者養成セミナーに顔を出しました。
FUNETご案内が主な役割だったのですが、
それは昼食時のみで、あとはセミナーに耳を傾けておりました。

2日で延べ50人。
特に、若い方が多かったと思います。
そして、上手いですね。
年配の方の味のあるナレーションも、素敵です。

続きを読む "セミナーにて (工場長)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:22 | トラックバック(0)

2005年03月16日

寺院葬の司会 (石川 元)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

「みのもんた」さんの菩提寺で、司会を担当させていただきました。
(燈籠には、みのもんたと記されているが、ミノリカワ・ノリオでしょ?)
本人も時々、この寺院を訪れるそうです。
(そりゃ!そうですよね。)
さほど広くは無い境内。
弔問者は受付で並び、お焼香で並び・・600人もの人々でごったがえした。
まるで、ディズニーランドのアトラクションを待っているようだ。
(こんな例えは、不謹慎ですね。スミマセン)

  

続きを読む "寺院葬の司会 (石川 元)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:23 | トラックバック(0)

2005年03月15日

運命の人(関谷 京子)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

私には史子ちゃんという遠く離れた旧友がいる。
その人の名を思い起こすだけで、胸がキューンとする間柄である。
(決して変な関係ではございません)
彼女はある意味、戦友でもある大切な大切な人なのだ。
(詳しいことは二人だけの秘密なので、ここでは語れませんが・・・)
彼女とは17才の頃、神戸で同じ音楽のレッスンで知り合った仲だ。
タイプはじゃじゃ馬娘の私と違って気品があって、
17才にして既に、エレガンスな雰囲気を持ち備えた子だった。
21才で私が上京する時、新幹線のホームまで見送ってくれたのは、
レッスンの先生と史子ちゃんだった。
ドアが閉まるなり私は子供のようにヒックヒック泣いたのを覚えている。

続きを読む "運命の人(関谷 京子)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:24 | トラックバック(0)

2005年03月14日

喜寿(石川 元)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

先月、私の母は喜寿を迎えました。
本人は76歳になったばかりだと言うが、数え年で77歳。
喜寿の「喜」の字の草書体が「七十七」と読まれることから、
77歳でお祝いするらしいですね。
今年は昭和4年生まれの人が該当するようです。

続きを読む "喜寿(石川 元)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:24 | トラックバック(0)

2005年03月13日

葬儀スタッフが成長するとき(加藤直美)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

9日、10日と、東北の某葬儀社さんで現場スタッフ向け研修会があった。
葬祭ホールを立ち上げて1年程の葬儀社。
現場スタッフ一同、無我夢中で走って来た数ヶ月だったと思う。
社員とパートさんを含めたスタッフ全員が一同に揃っての集中研修会だった。
何をしていても皆が迷うこの時代、葬祭業界もしかり。
地域の同業他社との熾烈な競争の中で、スタッフ達も思い切りその戦いにさらされている。
昨年あたりからの葬儀社スタッフ研修会は、そんな不安な気持ちを抱えたスタッフに、
気持ちの部分の統一を図ることから始まることが多くなってきた。
研修会ではお客様を満足させるような「接遇理論」を身につけることも必要だ。
しかし葬儀社全体の意思の疎通が出来ているかいないかは、
それ以前に大切なことであり、最近は仕事への意識改革にも研修の時間を割いている。

  

続きを読む "葬儀スタッフが成長するとき(加藤直美)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:25 | トラックバック(0)

2005年03月12日

京都と新潟へ行きました。(井手一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

京都へ研修に行ってきたのですが、今回は私自身が研修を受けてきましたドス。
京都弁飛び交う中での研修は違和感もありましたが、雅な感じもしたドスエ。
(オオキニ、わっはは)
私の母は京都出身なのですが、私は京都弁には馴染めませんドス。

続きを読む "京都と新潟へ行きました。(井手一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:26 | トラックバック(0)

2005年03月11日

細かいところに手が伸びる(工場長)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

先日、インターネットを通じて、社葬のご依頼をいただきました。
1000人規模の社葬で、それはごく普通のことなのですが・・・。

場所が、中国地方。

遠いです。
ただ、インターネットに関しては地理的な制限がないので、
打ち合わせやナレーションの調整は、スムーズに進んでおります。
(先方もメールができるので、ありがたい。)

続きを読む "細かいところに手が伸びる(工場長)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:26 | トラックバック(0)

2005年03月10日

演奏旅行エクアドル編(関谷 京子)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

以前、ベネズエラ・ドロボー事件でも少し触れたが、
私は、仕事でそのベネズエラから帰国せず、
立て続けにエクアドルへと入国した。
その移動中の飛行機の中で隣に座っているおじさんが、
やたら私の顔をチラチラ、チラチラと見るのだ。
それも覗き込むように。
「変なおじさんだなあ、もう…」
と私は気味悪く思っていた。
そしてふと、おじさんが手にしている新聞を見たら、
アチャァー、なんと20センチ四方はある私の顔写真が、
デカデカと載っているではないか。
「ゲッ!私だ」
よく海外の仕事の時は、
現地でのコンサートシーンや顔写真が新聞に載るのだが、
飛行機の中で、それもまさかお隣さんの新聞で目にするとは思わなかった。
(そのおじさんも、まさかびっくり同じ気持ちだったろう)
何度目かに顔をのぞかれた時、何やら言ってきたので、
とっさに私は寝たふりをしたのだがバレバレだっただろう。
何せ遙かベネズエラやエクアドルのような国に、
日本女性が一人旅などという事は滅多にないだろうから。

続きを読む "演奏旅行エクアドル編(関谷 京子)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:27 | トラックバック(0)

2005年03月09日

入院日記~人のやる気(加藤直美)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

入院中は、手術後の2~3日が過ぎると、
身体も回復に向かい気持ちが外に向いて行った。
すると、知らず知らずの内に周りのことを観察し始める。
特に「看護師さん」を見ていることは色々な意味で楽しかった。

「若くてかわいい方が多かった」と前に書いたが、
よく見るとそれほど若くない看護師さんもいたわけで、
私の目にはなぜかとても若々しく見えたのだ。
そういう方は大体がとてもやさしく、
はっきりとした言葉でゆっくりと話し、笑顔が素敵だった。
そんな看護師さんは、ベテランもしくはリーダー的な存在でもあり、
ものすごく「仕事に対するやる気」を感じた。

看護師さんの「やる気」とは、患者に寄り添うことを第1に考え、
その方のために何が出来るかを考えようとする「気」。
患者が何を言いたいのか、どうして欲しいのかを理解しようと努力する「気」。
そしてどちらかと言えばのんびりとしたソフトな対応で、
患者の言葉や様子に向き合おうとする「気」。
その気にその人の看護師としての「やる気」を感じる。

続きを読む "入院日記~人のやる気(加藤直美)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:28 | トラックバック(0)

2005年03月08日

私は雪女ですか!(石川 元)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

何とも・・・又もや雪に見舞われた。
(普段の行いが相当よろしいようで・・・)
冷蔵庫ではなく、冷凍庫の中を歩いているようだ。
パンプスなのでツルツル滑りながら、
へっぴり腰になり、ようやく現場に辿り着いた。
すると、ドサッ・ドサッと大きな音が・・・。
ひぃーーーぃ。
スタッフの皆さんは、雪かきですか~!

 

続きを読む "私は雪女ですか!(石川 元)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:29 | トラックバック(0)

2005年03月07日

皆で怒られた!(井手 一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

私がまだ20代、人材派遣のスタッフとして、
神奈川県K市の葬祭業者に通っていた頃の話です。
ある町内会館で執り行われたお葬式。
住宅街の中に寄り添うように立っている、古くて小さな会館でした。
この地域のお葬式では度々利用される町内会館ですから、
葬祭業者も使い慣れていましたが、
同様に弔問客にとっても勝手知った居心地の好い空間でした。

続きを読む "皆で怒られた!(井手 一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:30 | トラックバック(0)

2005年03月06日

赤坂プリンスホテルでのある日(関谷 京子)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

20年前・・・
私の国内での演奏活動は、主にホテルでのセッションが中心だった。

演奏者の控え室は5階、ステージは40階にあった。
ある日、セッションを組んでいるユカちゃんと、
いつも通りステージへと向かうエレベーター内でそれは起こった。
乗り込んで暫く過ぎた時、突然エレベーターが周りのコンクリート壁に
ガンガンガーンとぶつかりながら、轟音を立てて揺れ落ちた。
(少なくとも、私はロープが切れて落ちているのだと思い込んだ)
緊急時には自動停止装置が作動する筈。
脳裏に“死”の文字が駆け抜けた。

続きを読む "赤坂プリンスホテルでのある日(関谷 京子)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:30 | トラックバック(0)

2005年03月05日

葬送BGMの作曲(加藤直美)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

今、春頃に発売予定の葬送BGMの作曲に入っている。
身体のこともあり随分遅れてしまった。
企画者の井手は結構焦っていると見えて、さりげなく催促をしてくるが、
こういうものは、それはそれなりに・・・いい意味で溜まったものが出てくる
と確信しているので、私的には全然焦っていない。
2年前の今頃、葬送BGMの第1弾を作らせてもらった。
あの時は初めてということもあり、20曲の作曲には結構力が入った記憶がある。

続きを読む "葬送BGMの作曲(加藤直美)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:31 | トラックバック(0)

2005年03月04日

追悼文を読ませていただいて(工場長)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

その日は確か、一日に二十回電話のやり取りをした翌日だった。
疲れ目に(タタリ目…とは言いません)、
社長からFUNET追悼文を読んでおいてくれと言われた。
今度使うから、と。

私は機会があれば、モニタリング可能な追悼文を読ませていただいている。
文章のつながりに不整合が無いか、新しい文章の必要性が無いか、
などを再三確かめるためだ。
今のところ、大きな修正が必要とされる文脈は無いが、
様々な人生に対応するため、文章を追加することは時折ある。
(最近では再婚時の文章など。)

続きを読む "追悼文を読ませていただいて(工場長)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:32 | トラックバック(0)

2005年03月03日

桃の節句・・・ひな祭り(石川 元)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

今日は桃の節句、ひな祭りですね。
この雛人形は、両親が40年ほど前に私に贈ってくれたものです。

 

続きを読む "桃の節句・・・ひな祭り(石川 元)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:32 | トラックバック(0)

2005年03月02日

司会研修を終えて(井手一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

ある全国組織の東北6県合同の司会研修会を終えました。
綜合ユニコムの編集長福田氏とGSIの橋爪氏と私の三人で、
時間を振り分け、各自の分野でそれぞれ講演形式の研修会が催された。
年に何度も訪れる仙台だが、この日は寒かった。
会場となったホテルは、去年のYシャツ事件ホテルの対面に建っている。
一瞬嫌な思い出が頭をよぎった。

続きを読む "司会研修を終えて(井手一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:33 | トラックバック(0)

2005年03月01日

演奏旅行フランス編“ワインと牡蠣の思い出”(関谷 京子)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

私が現地スタッフに連れられて入ったレストランは、
大概がそうだったのだがまずテーブルに、
最初から山盛りのフランスパンが、どうぞとばかりに置いてある。
スタッフが赤ワインを注文し、昼間からそのワインを水のごとくガブ飲みし、
テーブルをパンカスだらけにしながら談笑すること30分。
(学生時代に習ったフレンチのお上品な食べ方とは全然違っていた)
メニューがくるのはこれからだ。
適当なものを注文し、そして注文してからまた、
30分程パンとワインで談笑する。
(もうこの頃になると、すっかり私は出来上がっている)
やっとここで食事が運ばれてくるのだ。
いくら私が大食らいで大酒飲みでもクラクラするほど昼間っからワイン漬けだ。
だから午後一のコンサートは、いつも酔っぱらい状態で手も足もヘーロヘロ。
“シャキッ!と弾けシャキッと!”と我に渇を入れても、
鍵盤がふわりふわりと二重に見えるのだからどうしようもない。
こうなったらどーとでもなれ、飲ませたのはスタッフ達だ。
と、開き直って毎日弾いていたような気がする。

続きを読む "演奏旅行フランス編“ワインと牡蠣の思い出”(関谷 京子)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 03:34 | トラックバック(0)

(C)MCプロデュース 2004-2013 All Rights Reserved.