« 2013年03月 | メイン | 2013年05月 »

2013年04月30日

「終活」に思う(工場長こと古家寛)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

近年の葬儀社向け研修を鑑みると、
「終活」や「事前相談」関連のトピックスは依然としてホットな話題なようです。
能動的に葬儀の情報を取得しようとするシニアの割合が増えたから、
それに対応する葬儀社も増えているのでしょう。
ただ「地域住民に葬儀の案内や説明をする」活動は今までも行われてきたことです。
事前相談のテクニックを磨くことは大切ですが、
以前の延長線上では、対策として十分なのかな?とも思います。

続きを読む "「終活」に思う(工場長こと古家寛)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:11 | トラックバック(17)

2013年04月26日

天皇賞・春予想(加藤 通俊)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

さて日曜日は、天皇賞・春(GⅠ)があります。
桜花賞、皐月賞が若い3歳(高校生くらい)のレースでしたが、
今度は、古馬(4歳以上の人間でいうと20歳以上)のレースです。


天皇賞・春というレースは、距離が3200mと少し特異なレースです。
他の古馬のGⅠレースである天皇賞・秋が2000m、ジャパンカップが2400m、
有馬記念が2500mなどと比べて、一番長く、タフなレースともいわれます。

以前は、牡馬クラッシックの3冠目菊花賞(距離3000m)勝ち馬が、
古馬になって、この天皇賞・春にも勝つというように
古馬の最強馬決定戦という意味合いも強かったですが、
近年は、その年の有力馬が、このレースを目標にせず、
回避してしまうこともあるため、必ずしも最強馬決定戦とは
言えなくなってきています。
世界的にも中距離以上の大レースは、2000mから2400mが主流ですし
よりスピードが求められるようです。

続きを読む "天皇賞・春予想(加藤 通俊)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:12 | トラックバック(0)

2013年04月25日

以前住みなれた街(加藤 通俊)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

久しぶりに少し前まで住みなれた街に行く機会があり、
想ったことを書いてみたいと思います。

入社して、早いもので、もう1ヶ月近くが過ぎました。
MCプロデュースの事務所の近くに引っ越してきたのですが、
子供のころから住んでいた新所沢は、実は、事務所のある入曽と同じ
西武新宿線でひと駅隣です。
公団住宅(現UR都市機構)が、駅の西口側に広がり、
その周りを取り囲むように戸建ての住宅が、軒先を連ねています。
公団住宅は、以前は庭付き2階建てでした。当時は、広くはないが庭が付いていて
目新しかったと思いますが、今思えば、うさぎ小屋みたいな狭い住居です。
十数年程前から順次建て替えられて、今は、7、8階建て賃貸住宅に生まれ変わり
とてもきれいな街並みです。



駅から西に向かって道路が延びていますが、その道の両側に欅が植えられています。
欅は、埼玉県の県の木になっているのですね。さいたま市をはじめいくつかの市町村でもシンボルになっていますが、残念ながら所沢市は、いちょうを市の木としているようです。
春、新緑の黄緑色からだんだん暖かくなるにつれ、緑の色も濃くなり、
真夏は、パワーさえ感じる濃さの緑の葉でおおわれています。
そして、秋になると紅葉して、徐々に茶色に変わっていき、とてもきれいでした。
ところが、初冬になると問題が発生します。
数年前まで両親が、その欅並木に面した賃貸住宅の1階に住んでいましたが、
木枯らしが吹き始める頃になるとその欅並木の葉が、当然のように落葉します。
そして、毎朝、掃いても掃いても落ちてきました。
母もいくら掃除しても、きれいにならないと愚痴をいっていたことを思い出します。


 


そんなことを思い出しながら、欅並木を歩いていると
今は、柔らかそうな黄緑色の新芽が徐々に大きくなっているところですが、
どうも欅の葉に元気がないことに気付きました。
元気がないどころか枯れている枝さえあります。
今まで気付きませんでした。

続きを読む "以前住みなれた街(加藤 通俊)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:30 | トラックバック(0)

2013年04月24日

自宅での看取り(工場長こと古家寛)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

先週休憩中にインターネットを見ていましたら、
「ツレヅレハナコ」というブログの2つのエントリーに出会いました。

夫が永眠しました(2013年4月13日)
自宅看護のこと(2013年4月14日)

42歳の旦那様を自宅で看取った・・・という話です。
このエントリーを読んだ時に金子哲雄氏を思い出しましたが、
病院ではなく自宅で最期を迎える人は、増えていくかもしれません。

続きを読む "自宅での看取り(工場長こと古家寛)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:20 | トラックバック(16)

2013年04月23日

第49回ベーシック研修の見学(加藤 通俊)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

今回は、得意?の競馬ネタではなく、前日の工場長のエッセイに続き、
見学させていただいた葬祭セレモニー司会術【ベーシック講座】についての
感想を書いてみたいと思います。


4月2,4日の弊社石川講師の葬儀司会講座に続いて、
4月15日にわが社のエース井手講師による
葬祭セレモニー司会術【ベーシック講座】を見学させてもらいました。



石川講師の講座は、穏やかな落ち着いた雰囲気を感じさせてもらいましたが、
井手講師の講座には、なにかとても熱いアクティブなものがありました。
印象に残ったのは、個性が邪魔になりそうな葬儀という司会術の中にも
表現者としての熱意みたいなものを感じました。

話は違いますが、同じ喋る職業に電車の車内アナウンスをする車掌や
スポーツ実況をするアナウンサーを思い浮かべます。
最近はほどんど耳にしませんが、車掌の中には独特の発声や
言い回しのアナウンスを聞いたことがあります。
内容を知りたいのにとても聞き取りづらいこともありました。、
また、スポーツ実況をする中で、意味不明のフレーズを並べ立て絶叫したりと
少し方向が違うのではないかと感じることも多々あります。
その点、井手講師の講座には、葬儀司会という場で個性を出しながらも
実にスムーズに嫌味を感じさせないようなテクニックを
取り入れているのではないかと感じました。

また、講座の進め方についても、受講者とマンツーマンでのやり取りも多く、
その中で叱咤激励しつつ、伝えようとしているように見えました。
実は私は、人前でしゃべることが苦手というよりも
何かを発信したりすること自体が嫌いなほうで、
それゆえに伝えようとする意識があまりないためでしょうか
口も大きく開けないので、滑舌も悪く、一番教えなければいけない人間が
身近にいるのかもしれませんね。
だから、受講者の中には、ひとつ殻があって弾けきれない人も
いらしたようですし、その気持ちはとてもわかります。
でも、井手講師のポジティブさは、司会者を目指すうえで、
何かの刺激や契機になったのではとも思いました。



続きを読む "第49回ベーシック研修の見学(加藤 通俊)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:00 | トラックバック(1)

2013年04月22日

葬祭セレモニー司会術ベーシック講座[第49回]を終えて(工場長こと古家寛)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

ついに葬祭セレモニー司会術[ベーシック講座]が、
【第49回】という縁起の良い節目を迎えることができました。
次は第108回・・・かな!?
先は長そうです。今のペースでは15年後ですね。

続きを読む "葬祭セレモニー司会術ベーシック講座[第49回]を終えて(工場長こと古家寛)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:04 | トラックバック(0)

2013年04月19日

アイデア (井手一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

新年度が始まったが、今回のテキストに良いアイデアが生まれてこない。
何だか頭の中でモヤモヤっとしているのだが捕まえられないのか、時期尚早なのか。
あるいは年なのか、バカなのか、元々そんなもんは存在すらしていないのか。
こんな時は一旦別の事を考えて…ということは分かっているのだが焦ってしまう。
イメージ的には、こんな感じ。


続きを読む "アイデア (井手一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:30 | トラックバック(0)

2013年04月18日

グアム3 (井手一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

あさー、良―く寝た!
気分がいいし、天気もいいぞ。

 

朝食は大して変わらない、と云いたいところだが大きく違う点がいくつか。
まず、オレンヂジュースは味が少し違う。
いつも飲んでえるモノがどうしても基準だから、これは私の我が儘かな。
グリーンティーは、そもそも砂糖が大量に入れられている甘茶のようだ。
グアムでお茶を飲めば、まず砂糖入りが出てくる。
値段が高くても日本製のお茶を探すしかない。
野菜は少しだけ風味が変わっていて「あれっ、おかしいな?」と感じても
例のゴキブリの件と同じように
「大したことないあるね、大丈夫、大丈夫よ!」の感覚なんだろう。
もう文化の違いだから仕方ない。

続きを読む "グアム3 (井手一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:30 | トラックバック(1)

2013年04月17日

【終了】2013年5月 葬祭セレモニー司会術[ベーシック講座・キャリアアップ講座]

カテゴリー : 最新情報! 最新情報!

【5月8日開催!】
○葬祭セレモニー司会術[ベーシック講座](第50回) 詳細情報

本講座は、葬儀司会の初心者から指導担当者、専門の司会業者まで、
すべての葬儀施行実務担当者の方々を対象に、葬儀司会における聞きやすく、
クセのない「進行アナウンス」と「弔電」表現について、巧拙の違いと習得方法を
実践的かつ体系的に学ぶ『総合葬儀司会講座』の第1ステップです。

●葬儀司会経験の浅い方の受講がお奨め
これまでの講座では、クセの少ないキャリアの浅い方が、
講座中から急速に上達するケースが多くありました。
もちろんベテランの方にも、ご自身の振り返りやマンネリ打破、
部下育成時の指導ポイント把握の場として、本講座の活用をお奨めします。

●16年間の蓄積を凝縮した講座内容
講座開始(1997年)から16年。伝えるべき原理原則は守りつつ、
受講者の要望を取り入れ、成長を促す内容になっています。
すでに受講された方も、復習のために、または貴社の新しいスタッフの派遣を
ご検討いただければ幸いです。

●「家族葬」や「無宗教」の対応力も身につ!
顧客目線でのアドバイス、また「やさしく」「シンプルに」など、
高度化する司会者へのリクエストに応えるための
知識と表現の基礎力を養成します。

【開催概要】
開催日時 :2013年5月8日(水・友引前) 9:30~17:00
会場   :飯田橋レインボービル 会議室
      東京都新宿区市谷船河原町11
      TEL.03-3260-4791
定員   :24名(先着順)
参加費  :39,900円(1名様につき)
      (消費税および地方消費税 1,900円含む)
 ※昼食代、テキスト代含む

お問い合わせ・お申し込み先は、
綜合ユニコム株式会社ホームページより

【5月9日開催!】
葬祭セレモニー司会術【キャリアアップ講座】 実践編
葬儀「司会表現」徹底マイクトレーニング講座≫ 詳細情報

【ご案内】
葬祭セレモニー司会術セミナーは、これまで16年間で延べ70回開催された、
葬儀司会における巧拙の違いと習得方法を実践的かつ体系的に学ぶ
『総合葬儀司会講座』です。第1ステップのベーシック講座では、
基本理論の理解と表現スキルのトレーニングを行ないます。
第2ステップの本講座では、宗教儀礼とナレーション、
そして司会表現テクニック徹底習得に取り組み、聞きやすく、場にふさわしい
「進行アナウンス」「弔電」「葬儀ナレーション」表現の習得・実力アップを実現します。

2日間続けて受講すれば、
葬儀司会者に求められるスキルの全体像を網羅することができます。
短期集中で技術向上したい方、早期の司会デビューを期待されている方、
井手講師の更なる指導を希望する方、受講後の職場実践の中で、
キャリアを重ねマンネリ化に不安をお感じの方、改めて講座を学び、
後輩指導に役立てたい方、悩みを解消したい方など、ご参加をお待ちしています!

【前回受講者の声(受講後のアンケートより)】
●先生からのご指摘のたびに発見があります。「声」より「耳」が鍛えられたような感じです。
 楽しかった!
●数年前の受講よりレベルアップが図れているとの言葉をいただき嬉しかったです。
 後輩の指導に自信を持って臨みたいと思います。日々努力を怠らないように!
●他の方の司会を聞く機会があまりないので、今回、皆さんの話し方を聞けたり、
 自分の欠点を指摘いただいたりして、新たな気付きがたくさんありました。
●長文に対し区切りが多いクセを直すようにしていきたい。
 ここまでできていなかったんだと痛感しました。
●日頃忘れているチェックポイントを改めて見直しできました。発声法、「間」のとり方、
 切りきらず、高低・強弱・速度の変化の組合せなど、自分の感性を磨く努力をいたします。
 力まず語りかけるように、気をつけます。
●レベルが高く、ついていくのに精いっぱいだった。一日があっという間に過ぎた。
●少人数で集中できました。有難うございました。

【開催概要】
開催日時 :2013年5月9日(木・友引) 9:30~17:00
会場   :飯田橋レインボービル 会議室
      東京都新宿区市谷船河原町11
      TEL.03-3260-4761
定員   :18名(先着順)
参加費  :42,000円(1名様につき)
      (消費税および地方消費税 1,900円含む)
 ※昼食代、テキスト代含む

お問い合わせ・お申し込み先は、
綜合ユニコム株式会社ホームページより

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 17:22 | トラックバック(0)

グアム2 (井手一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

夜のホテルは、あちこち動くだけで楽しめた。
真っ暗なビーチにはいつでも出れるし、月は鮮やかに輝くし、
コンビニは日本と同じ24時間営業でやってくれている。
酒やツマミを購入し、NHK以外は映らないTVを見て飲んだくれて寝る。
今日はいい感じで日が暮れて、明日はきっといい感じで明けるのだろう。


続きを読む "グアム2 (井手一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:30 | トラックバック(0)

2013年04月16日

グアム (井手一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

国際線に乗った子供たちは目がランランと輝いていた。
窓から望む景気に見とれて、高揚感に満たされているようだ。
だから、機内で不味い食事がでたにも拘らず子供たちは大喜び。
…そもそもTPOに誤魔化されやすいねえ。
ハッキリ云って、絶対に美味くはない。
そしてグアム空港に到着したのは夕方を迎える頃だった。


続きを読む "グアム (井手一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:30 | トラックバック(0)

2013年04月15日

グアム前夜  (井手一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

この年になってSPF+50という言葉を覚えた。
男性諸君は、ん?何の事??と思われるでしょうが女性は分かるはず。
「SPF」とは、簡単に言うと日焼け止めクリームのこと。
SPFとは、Sun Protection Factor(サン・プロテクション・ファクター)の略。
グアムは紫外線が強い…一説によると日本の約5倍という。
(だから写真映りがいいんだ)


続きを読む "グアム前夜  (井手一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:30 | トラックバック(0)

2013年04月11日

皐月賞予想 (加藤 通俊)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

先週の桜花賞は、67万円馬券と大荒れでしたが、
今週の牡馬クラッシック第1弾皐月賞は、
どんな決着になるか楽しみです。



ここ4年の勝ち馬をみると2009年からネオユニバース産駒のアンライバルド、
ヴィクトワールピサ、ステイゴールド産駒のオルフェーヴル、ゴールドシップと
勝ち馬のイメージとしては、切れるというよりパワー溢れるタイプのようです。
意外なことに2012、13年のリーディングサアー(1シーズンの産駒の獲得賞金の
合計額による種牡馬の順位)1位のディープインパクト産駒は、
2,3着にはくるものの勝ち馬は出ていません。

今年の注目は何といってもローエングリン産駒の⑦ロゴタイプです。
2歳GⅠ朝日杯FSを勝ったので、マイル(1600m)が適しているかも
という懸念はあるものの成績は申し分なく、これがディープインパクト産駒なら、
圧倒的1番人気ですんなり勝てそうだが、何せまだ実績のない種牡馬ですので、
どのような結果になるかはわかりません。
2400mのジャパンカップにも勝ったシングスピールが父で、
自身もGⅠ勝ちはないものの重賞では結構活躍していましたし、
勝ってもおかしくはない血統だと思います。

それ以外も、ここ数年のリーディングサアー上位馬であるキングカメハメハ、フジキセキ、
シンボリクリスエス、ダイワメジャー産駒などが顔をそろえています。
オルフェーブルのステイゴールド産駒が出ていないくらいですが、
目立つ馬はいないもののレベル的には下がってはいないように思います。

ポイントは、ここ数年の皐月賞勝ち馬と最終週で荒れた力のいる馬場状態を考えると
キングカメハメハ産駒の⑫コディーノ、ディープインパクト産駒の⑮カミノタサハラ、
そして⑦ロゴタイプあたりが有力と思われます。
リーディングサイアートップのディープインパクト産駒の牡馬が、
皐月賞に限らず意外に勝てないかは、たぶん理由があると思います。
今の時点では、はっきり説明はできませんが…

軸とする2頭の結論は、種牡馬として新味があり、先行力のある⑦ロゴタイプと
過去4年の勝ち馬と似てパワーがありそうな⑫コディーノに期待します。
但し、⑫コディーノは、じりっぽいので3~5着なんて可能性もありますが…
それ以外では、①メイケイペガスター、②インパラトール、⑤タマモベストプレイ、
⑥ミヤジタイガ、⑮カミノタサハラ、の5頭です。
理由は、軸にする2頭が1,2番人気にもなりそうな上位人気が予想されるので
トライアル好走実績を加味しつつも比較的人気薄を選びました。

続きを読む "皐月賞予想 (加藤 通俊)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 20:49 | トラックバック(0)

2013年04月10日

桜花賞予想・・・(加藤 通俊)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

競馬の予想がエッセイとして成立するか「桜花賞の予想」を
試験的に書いてみましたが、結果が出た後でもせっかくだから
載せてもよいとのことで、人気薄の馬を選択した自慢?も含め
載せていただきます。



う~ん、今年の3歳牝馬クラッシックは?
昨年ジェンティルドンナ、一昨年マルセリーナと連続制覇の
デープインパクト産駒が2頭出走します。
そのうちの1頭⑭レッドオーヴァルが前日の2人気、
クロフネ産駒のクロフネサプライズが前日1人気、
デープインパクトの妹で父がネオユニヴァースに替わった
⑫トーセンソレイユは、前日3人気となっています。
ただネオユニヴァース産駒の牝馬だとクラッシックで
走った馬がいないことが気掛かり。
ダイワメジャー産駒も出てはいるものの成績がもうひとつ。
後は、クラッシック血統とは縁遠い?ロサード産駒の③クラウンロゼ、
スズカマンボ産駒の⑱メイショウマンボが上位人気となっています。

今年は、ディープインパクト産駒が代表するサンデー系の馬が少なく
結果も出ていない代わりに、暮れの阪神JFは、⑥ローブティサージュ、
チューリップ賞が⑱メイショウマンボと例年とは違う種牡馬の仔が
トライアルでは勝ち上がり混戦模様に拍車を掛けています。
それぞれの各馬にこれと言った決め手がなく走ってみなければ分からない
予想としては、難しいレースのようです。
とすると力のある馬が勝つ阪神外回り千六がキーワードでは?

軸候補は、成績から見ると③クラウンロゼ、⑫トーセンソレイユ、
⑬クロフネサプライズ、⑱メイショウマンボですが、③と⑱は、
血統背景が心許ない。⑬も逃げると他馬の目標となりかねない。
⑫は牝馬では全く振るわないネオユニヴァース産駒だという点で
決断できない。

決められないなら穴狙いに路線変更する手もあり、
軸は、⑨プリンセスジャックに期待。サイドワインダーの妹で
福永騎手騎乗が決め手?
相手は、上記4頭に⑭レッドオーヴァルに⑰コレクターアイテムを
加えた6頭。
⑨プリンセスジャックの相手は、実際に阪神千六2連対の
⑬クロフネサプライズ。

こんな予想に落ち着いた桜花賞でした。


続きを読む "桜花賞予想・・・(加藤 通俊)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 09:32 | トラックバック(2)

鳥インフルエンザH7N9型(工場長こと古家寛)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

先月より中国で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の人への感染が確認され、
4月8日現在、7人が死亡したと報道されています。
日本の厚生労働省では関連ページが作られていました。
先日電話で厚生労働省に確認すると、現時点でH7N9型は「四類感染症」とのことです。
ただ、「新型インフルエンザ等感染症」や、H5N1型のように「二類感染症」に
再分類される可能性も考えられるので、今後も気にしておきたいニュースです。

続きを読む "鳥インフルエンザH7N9型(工場長こと古家寛)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:30 | トラックバック(1)

2013年04月09日

はじめまして新しい加藤です。(加藤通俊)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

はじめまして加藤 通俊(かとう みちとし)と申します。4月1日からMCプロデュースに
入社することになりました。
FUNET開発管理から事務まで覚えることがたくさんあり只今苦戦中です。
まだ分からないことも多くご迷惑をお掛けすることもあるでしょうが、足りないところが
あればご指摘いただければ幸いです。



さて4月3日のMCエッセイ「そうだ、萩原東京展示会へ行こう(工場長こと古家寛)」で
紹介された萩原東京展示会に同行しました。
大きい物は五重塔を両側に配した幅が10m近い祭壇から1センチほどの5分ろうそく迄、
様々な葬儀関連の商品が展示されており初めて見るものも多くびっくりしましたし、
葬儀関連の知識も覚えていかなければならないのだと覚悟?しました。

続きを読む "はじめまして新しい加藤です。(加藤通俊)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:09 | トラックバック(0)

2013年04月08日

東北への旅(3) ~ジャズ喫茶「カウント」~(加藤直美)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

荒浜慰霊の後、
夫が以前から行きたいと言っていたジャズ喫茶「カウント」に向かいました。
岩手県の一ノ関に「ベイシー」というジャズスポットがあります。
この二つを並べると「カウント・ベイシー」で、
スイングジャズの巨匠でありジャズピアノ奏者の
カウント・ベイシーの名前になります(二つのお店の関係は、なさそうです)。

続きを読む "東北への旅(3) ~ジャズ喫茶「カウント」~(加藤直美)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:25 | トラックバック(15)

2013年04月05日

東北への旅(2) ~荒浜慈聖観音慰霊~(加藤直美)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

仙台に到着して、すぐに仙石線に乗り換えて陸前高砂駅まで行きました。
ここは震災まもない7月に、築地本願寺のお仲間と震災復興に向かった、
蒲生という場所に近い駅です。
その時は浄土真宗本願寺派専能寺さんというお寺で、
泥のかきだしのお手伝いをしました。
1年後には、法要での仏教讃歌のお手伝いにも伺いました。
専能寺さん周辺も津波の爪痕は大きく、海の方は見渡す限り何もありません。
ボランティアで伺った時には、その周辺部に足を運ぶことはありませんでした。
その惨状を見物のように、見て回ることはしたくなかったからです。
しかし2年が経ち、夫にも体感して欲しいと思い
「慰霊」を旅の計画の一つにしました。

続きを読む "東北への旅(2) ~荒浜慈聖観音慰霊~(加藤直美)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:30 | トラックバック(2)

2013年04月04日

東北への旅(1) ~大沢温泉編~(加藤直美)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

3月末に、夫と1泊2日の旅に出ました。
夫との人生の旅路は今年で25年になります。
よく無事に、ここまでたどり着いたものだと感慨もひとしおです。

続きを読む "東北への旅(1) ~大沢温泉編~(加藤直美)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:21 | トラックバック(0)

2013年04月03日

そうだ、萩原東京展示会へ行こう(工場長こと古家寛)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

そして、参加費無料の葬儀司会講座を受講しよう。

続きを読む "そうだ、萩原東京展示会へ行こう(工場長こと古家寛)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:27 | トラックバック(1)

2013年04月02日

東海地方での葬儀司会研修を終えて (井手一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

私は不思議と東海エリアには縁がある。
司会派遣会社にも葬儀社にも色々と研修会の要請を受けてきた。
大変有り難いことである。
(あーえりぁ、ありがてゃことにいわっせる)
特にこの地区の葬儀は、通夜の後に会食をする(会食接待の)習慣がなく、
(イメージとは随分違うと思うけど)
また宗派も曹洞宗、大谷派、本願寺派に偏っている。
よって今回はその宗派に合わせた葬儀司会をという目的もあった。
勿論、所謂ハ宗は網羅しましたがニーズと地域性を重視しました。
(葬祭ディレクタ-技能審査試験ではありませんから)

続きを読む "東海地方での葬儀司会研修を終えて (井手一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:30 | トラックバック(0)

2013年04月01日

ショートかロングか (井手一男)

カテゴリー : MCエッセイ 七転八起

最近、睡眠が深いのか浅いのか早く目覚める。
若い頃は寝坊スケだったのに、いつのまにか人間はかわるのさ…
男の自覚だよ、等とはコレッポッチも思っていない。
一体どうしたのだろう?


(本文とは一切関係がありません)

続きを読む "ショートかロングか (井手一男)"

投稿者 葬儀司会、葬儀接遇のMCプロデュース : 08:30 | トラックバック(0)

(C)MCプロデュース 2004-2013 All Rights Reserved.